車試乗記

マツダ3ファストバック15S Touring試乗!ブリプリオのブログでカーレビュー

[試乗] ブログ村キーワード

ブリプリオのブログでカーレビュー!

今回はマツダ3ファストバックに試乗してきました。

前回のセダン(ディーゼル)に続き、1.5Lのガソリンモデルを試してきました。

ディーゼルモデルとの走りの比較も含めて、お伝えします。

どうぞご覧ください !

車選びのポイント


【外観】
見た目のかっこよさ

【内装】インパネやシートの質感

【速さ】排気量、パワー、加速感

【燃費】燃費性能、エコ度

【広さ】居住性、荷物を積める量

【静かさ】エンジン音、静粛性

【コスパ】価格と装備のバランス

【乗り心地】足回り、フィーリング

【取りまわし】動かしやすさ

 

  

ブリプリオ
ブリプリオ
 上記のポイントをふまえてレポートします。どうぞお気軽に車選びの参考にしてくださいね!

マツダ3試乗 どんなクルマ? 

新世代のアーキテクチャーが採用されたMAZDAという名のクルマが今走り始めた!

車名 マツダ3
メーカー マツダ
車種 ファストバック
排気量 スカイアクティブG 1.5L
最高出力 111ps
最大トルク 146Nm
サイズ 全長4460×全幅1795×全高1440
燃費 16.5km/L (WLTCモード)
乗車定員 5名
車両本体価格 15STouring 2WD 227万3880円




マツダ3ファストバックの主なラインナップを紹介 ☟

 マツダ3ファストバック

◆1.5Lガソリンモデル (2WD)

15S (AT/MT)
218万1000円

15S Touring (AT/MT)
227万3880円

◆1.5Lガソリンモデル (4WD)

15S Touring (AT/MT)
241万3200円

◆2.0Lガソリンモデル (2WD)

20S PROACTIVE
247万円

20S L Package
264万9000円

20S Burgundy Selection
271万9200円

※全て税込みの金額

マツダ3 前回のおさらい

□エクステリア

ファストバックのデザインテーマは「色気のある魂」というもの。

その表現が示す1番のポイントはCピラーの丸っこく艶っぽい造形でポルシェのファストバックモデルであるパナメーラを彷彿とさせます。

この力強い塊感に魅せられて
ファストバックに決めっ!」という人が増大すると予想します。

セダン、ファストバックともに余計なものをそぎ落としたシンプルかつスタイリッシュなフォルムで鼓動デザインの新たな進化を感じさせます。

マツダ3セダン ディーゼルモデル試乗!より抜粋

マツダ3ファストバック
出典:responce

【追  記】
実車を見て、やはりサイドビューが最もインパクトが大きかったです。

Cピラーの丸っこい部分はもちろん、フロントからリアにかけてのつるんとしたむきたての卵のようなボディーがとても印象的でした。

欧州車では、サイド部分にぴしっとプレスラインが入れられることも多いわけですが、このモデルではそういったディテールをあえて排除したストイックなデザインとなっており、マツダの独自性を感じます。

写真のボディーカラーはファストバック専用色のポリメタリックグレーという色です。

マツダ車と言えばソウルレッド…が定番となりつつありますが、この色もまた艶っぽくていいですね。

まさに色気のある魂を体現する色ではないでしょうか。機会あれば実車を見てみたいものです。

□インテリア

インテリアはレクサスを除けば国内ではもはや独壇場の出来ばえと言えますね。

新しいモデルが出るたびによりブラッシュアップされていく感じがします。

全てのパーツが上質で雑味のないスッキリとした佇まいはとても300万円前後のクルマの内装には見えません。

インパネ全体から細部まで、徹底的にこだわりぬいたデザインクオリティがドライブの楽しさにいっそう拍車をかけてくれることでしょう。

後部座席はデザイン性を重視していることもあって、決して広いとは言えませんが、頭上・膝元にも最低限のスペースが確保され、レザーシートの座り心地もよく不思議と窮屈な印象はないです。

先代より全長が増した分は主にトランク部分にあてられたようです。

マツダ3ファストバック
出典:responce

【追  記】
インテリアはセダンと基本的に変わりないですね。

上の写真はファストバック専用グレード20S Burgundy Selectionエモーショナルなレッドレザーを採用したインテリアです。

深みのあるレッドで高級感がさらに増しています。そう言えばレクサスにもよく似たレッドの仕様がありますね。

よりラグジュアリーなモデルを求める場合はこちらの選択もありだと思います。

ただし2.0Lモデル専用なので、発売はもう少し先になりますが…。

後部座席の居住性、ラゲッジの広さなどはセダンとあまり変わらないようです。

実際後ろの席に座ってみましたが、流麗なデザインゆえにヘッドクリアランスは少々窮屈な印象ですね。足元の方は十分に余裕がありました。

□動力性能・燃費

マツダ3のパワートレインは
1.5L直4自然吸気のスカイアクティブG 1.5
2.0L直4自然吸気のスカイアクティブG 2.0
さらに新開発のスカイアクティブXの3タイプをラインナップ

ディーゼルエンジンは1.8L直4ターボの「スカイアクティブD 1.8」のみとなり、これはCX-3に導入されているものと同じです。

※スカイアクティブG 2.0は7月下旬、スカイアクティブXは10月に発売予定

スカイアクティブXを除くそれぞれのスペック(最高出力・最大トルク・燃費/WLTCモード)は以下の通りです。

 □スカイアクティブG 1.5
111ps・146Nm・16.6km/L

 □スカイアクティブG 2.0
156ps・199Nm・15.8km/L

□スカイアクティブD 1.8
116ps・270Nm・20.0km/L

★スカイアクティブX搭載モデルはパワー・燃費ともに上記モデルを上回り、最上級モデルの位置づけとなるようです。

【追  記】
★スカイアクティブXの詳細は現時点で公表されていません。果たしてどのようなスペックとなるのか期待が高まりますね。

個人的にはホットハッチ的なキャラクターを期待します。

お待たせしました。次のコーナーでいよいよ試乗です。

Coming up Next !!

スポンサーリンク




マツダ3ファストバック試乗レビュー

今回はファストバック15S Touring (AT/2WD)カラーはソウルレッドクリスタルメタリックを用意していただきました。

いざ試乗スタート!

今回試乗をお願いしたディーラーは以前、CX-5・CX-8のガソリンターボでお世話になったFさんのところでした。

FさんからCX-8で試したコースの提案があったので、二つ返事でOKしました。短い高速区間とワインディングロードのコースです。

〔マツダ3ファストバックの試乗コース〕
ディーラー → A道路(高速) → 峠道(ワインディングロード) → A道路(高速)→ディーラー

まずはエンジン音のチェック。排気量が小さいからか、立ち上げの音はディーゼルよりも勇ましい気がしますね。

アイドリングの状態ではさすがに静かで、どちらがガソリンでどちらがディーゼルかはほとんどわからないくらいのレベルです。

ガソリンに乗って改めてディーゼルの静粛性が際立った感じです。

さて、注目の出足はどうでしょうか?

セダン(ディーゼル)の時を思い出しながら、アクセルにゆっくり足を乗せます。

(ふむふむ)

決して俊敏な動きではありませんが、ディーゼルに比べると幾分軽い立ち上がりに感じました。

ディーゼルよりも鼻先が軽いことが影響しているかもしれないですね。

ディーゼル、ガソリンいずれにしても一瞬のタメがあるのがマツダ車の特徴ですね。

もたつきとはまたちがう感じです。やはりタメという表現が1番ふさわしいでしょうか。

公道に出て、アクセル開度を強めます。

(ふむふむ)

スピードに乗るまでの加速はトルクで勝るディーゼルの方がやはり上ですね。とはいっても街乗りのレベルでは特に力不足という気はしません。

ファストバックの乗り味もやはりマツダのそれにちがいありません。

軽快感というよりは重厚感の方が勝る感じ。コンパクトなクルマですが車格以上のどっしりとした印象を受けます。

さてA道路に入りました。道は空いているという程ではありませんが、そこそこの速度は出せそうです。

このクルマはガソリンモデルなので、モードの切り替えがあります。

前にも紹介しましたが、マツダ車の場合はエコモードはなく、ノーマルかスポーツの2択です。早速スポーツに入れてみました。

(あれれっ???)

期待したほどの劇的な変化はありませんね。しかもギアがシフトダウンされたことがあきらかにわかる感じでちょっと興醒めです。

残念ながら「よっしゃ、いくぞー!」とはならなかったですね。

プリオ「ギアがダウンするだけで足回りは変わりませんか?」

Fさん「そうですね、ギアだけが変わります」

モードを切り換えた直後は、気持ち出足はよくなりますが、1.5LのしかもNAエンジンということもあり、絶対的なパワーが薄いので、踏んでも気持ちよいのびはさほど感じられません。

あまり代わり映えしないので試乗車とはいえ、燃費も考慮し、すぐにノーマルに戻しました。

このA道路はひたすら直線なのですが、直進安定性はマツダ車共通のかちっと感が効いていて、いいですね。

乗り心地はどちらかと言えば硬めです。やや路面のつなぎめの凹凸をひろう感じでしょうか。

道はちがいますが、セダンの時と比べてもちょっとばたばたする印象に思えました。タイヤサイズはセダンと同じ18インチを履いています。

峠道(ワインディングロード)に入る、わりときつめの登り勾配にさしかかります。

ここぞとばかり再度スポーツに入れてアクセルを強めに踏んでみます。

けっこう勇ましい音がして、勢いよく駆け上がっていくかと思いきや、ファストバックは頂上付近で息切れし、エンジンが「しんどいよ~~」と悲鳴を上げ、アクセルべた踏みに近い状態になりました。

(ふーーっ、こっちもちょっと疲れ気味)

やっとのことで頂上までたどり着き、今度は下りの連続カーブを向かえます。

ハンドリングは軽やかで、ライントレースもスムーズではありますが、なんだろう?やっぱりトルクが小さいせいで、文句なしに楽しいとは言いがたいですね。

ここの道を初めて走ったのが、走りに定評のあるスバルレヴォーグでしたので、あの時の爽快さから比べると、自然、厳しい評価にならざるを得ないです。

なぜFさんはこの道を選択したのだろう?

という思いが唐突に沸き起こりました。

私の「速いの好き」を把握しているので、いつもの比較的長めの高速試乗ではよりパワー不足が露呈してしまう、といった懸念があったのかもしれないですね。

再びA道路にもどります。行きよりは混んできました。

走りの実力は大体わかったので、Fさんと雑談しながらディーラーへの道をゆったりと流して走りました。

現段階で1番オーダーを受けているのはファストバックでしかもエンジンはこの1.5Lかと思いきや意外にも2.0Lの方だそうです。

そのあたりスタイリッシュなデザインに見合った走りを期待している人が多い証拠でしょうか?

そして注目のスカイアクティブXですが、こちらはパワー面の数値は今のところベールに包まれているようです。

7月に予約受付を開始しするとのことで、その頃には詳細が明らかになるのではないでしょうか。

さらにFさんの話では、以前話題にしていたCX-3とCX-5の中間に位置するCX-4改めCX-30が今年中に発売されるかもしれないとのことです。

CX-30の全長はCX-5、マツダ3よりも短いようです。

CセグメントのSUVでベンツのGLA、BMWのX1・X2、アウディのQ3あたりがベンチマークとなりそうですね。

マツダがSUV激戦区に放つ期待のモデルとなりそうです。

また4月16日に中国で開幕された上海モーターショー2019にマツダのビジョン・クーペと呼ばれるコンセプトカーが出展されたようです。

これはアテンザのさらに上のフラッグシップモデルとなる公算が強いようで、パワートレインも時代に逆行したV6エンジンが搭載される見通しとのことです。

すなわちベンツのSクラス、BMWの7シリーズ、アウディのA8、国内ではレクサスのLSなどへの対抗馬となる可能性もあり、

プレミアムブランドを目指すマツダとしては必ずや成し遂げなければならないプロジェクトとなりそうです。

名前は6(アテンザ)の上なので、マツダ7となるのでしょうか?

今から楽しみですね。

CX-30 出典:価格.comマガジン

ビジョン・クーペ
出典:responce

 

☆★追記★☆
◇マツダ3セダンの記事の記事を書きました!
◇マツダ3とアウディA3の比較記事を書きました!

☟ぜひご覧ください!

スポンサーリンク



マツダ3ファストバック試乗【総評】

総合評価/70点  (100点満点中)

外観 ★★★★
内装 ★★★★★
速さ ★★
広さ ★★★
静かさ ★★★★
乗り心地 ★★★
燃費 ★★★
取りまわし
★★★★
   コスパ     ★★★
人気度
★★★★

マツダ3ファストバック (1.5L) はこんな人に向いている

〇街乗り中心でマツダ3がほしい方

〇他社とは一線を画す鮮烈なデザインのクルマに乗りたい方

ファストバックのデザインはある意味ヨーロッパの車よりもヨーロッパらしく鮮烈なのだが、1.5Lエンジンにはちょっとパワー不足を感じた。せめてターボ付きの150馬力くらいにしてもらいたかった。

後から2.0Lも出るので、用途別のターゲットを明確にするというねらいがあったと解釈すべきか?

そう考えると1.5Lは明らかに街乗り中心タイプといえそうだ。ロングドライブが多く、もう少しパワーがほしいという場合は2.0Lの方が望ましいだろう。

しかしながら2.0Lもターボ付きではないので、走りはどんなものなのか?

発表されているパワースペックは114PSの199Nm、1.5Lに比べれば多少余裕は増すだろうが、数値から見ても劇的な変化は期待できないのではないかと予測する。

刺激的なデザインに見合ったアグレッシブな走りを期待する方は今のところベールに包まれたXを待つべきだろう。

動力性能・燃費・乗り心地などトータルで考えて現時点ではディーゼルモデルがいいかなと思う。長距離を乗る人には特におすすめ。

ライバル車… シビック、カローラスポーツ、インプレッサ、VWゴルフなど




おわりに

今回はマツダ3ファストバックをご紹介しました。

もう少しすれば、この独特なデザインを持つモデルが街中をどんどん走り出し、その存在感を発揮することでしょう。

今後も各メーカーのニューモデルや話題の車をバッチリ紹介していきます。

次回もお楽しみに!  ではでは。

Enjoy driving !!

☆★☆Back Number☆★☆

☟記事が「おもしろかった」「ためになった」場合はバナーをクリックいただけると、とてもうれしいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 試乗記へ
にほんブログ村





ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!