車試乗記

ステップワゴンスパーダ試乗! ブリプリオのブログでカーレビュー

[試乗] ブログ村キーワード

ドライブのBGMはもっぱらサザンのブリプリオです。

今回はノンストップ飯田(@nonstop_iida)さんのリクエストで、ご存じホンダのMサイズミニバンステップワゴンに試乗してきました。

家族ができたらステップワゴンに乗るのが夢という話はよく聞きますね。

それぐらいステップワゴンと言えば、家族でワイワイ、ガヤガヤ楽しむファミリーミニバンのパイオニア的な車です。

以前試乗したセレナ(e-POWER)、ヴォクシーとの比較も一部交えてお伝えします。

どうぞお楽しみに !

車選びのポイント


【外観】
見た目のかっこよさ

【内装】インパネやシートの質感

【速さ】排気量、パワー、加速感

【燃費】燃費性能、エコ度

【広さ】居住性、荷物を積める量

【静かさ】エンジン音、静粛性

【コスパ】価格と装備のバランス

【乗り心地】足回り、フィーリング

【取りまわし】動かしやすさ

 

  

ブリプリオ
ブリプリオ
 上記のポイントをふまえてレポートします。どうぞお気軽に車選びの参考にしてくださいね!

ステップワゴンスパーダ試乗の前にどんなクルマ? 

スパーダハイブリッドの加速には仰天! 自慢のわくわくゲートでライバルに差をつけろ!

車名 ステップワゴン (SPADA)
メーカー ホンダ
車種 Mサイズミニバン
排気量 2.0L DOHC i-VTEC+i-MMD
パワー エンジン145ps
モーター184ps
トルク エンジン175N・m
モーター315N・m
サイズ 全長4760×全幅1695×全高1840
燃費 25.0km/L
乗車定員 7~8名
車両本体価格 SPADA HYBRID G・EX
BLACK STYLE
360万2880円





ステップワゴンの主なラインナップを紹介 ☟

ステップワゴン
(全車種Honda SENSING装備) 

◆ハイブリッドモデル 2WD
  燃費25.0km/L 

SPADA HYBRID G・EX BLACK STYLE
(360万2880円)

SPADA HYBRID G・EX
(355万9680円)

SPADA HYBRID G
(335万160円)

◆ガソリンモデル
2WD・4WD 燃費17.0km/L

SPADA・Cool Spirit
2WD(305万1000円)
4WD(324万5400円)

SPADA
2WD(285万2280円)
4WD(308万9880円)

G・EX
2WD(277万5600円)
4WD(297万0000円)

□クルマの概要

ステップワゴンは1996年の発売以来、競合ひしめくミニバンカテゴリーの中で多彩な機能と利便性を武器に高い人気を維持してきました。

1997年から1999年には3年連続でミニバン年間販売台数第1位を達成しました。

下の写真が大ヒットとなった初代と2代目モデルです。☟

初代の深緑のボディー2代目の縦型ランプが特徴的なリアビューは強く印象に残っています。

当時は街中でよく見かけましたよね。ファミリーミニバンのパイオニアとして人気を博しました。

初代ステップワゴン フロント

2代目ステップワゴン リア
出典:Wikipedia

2015年に発売された現行型は5代目となります。

ちなみに2018年 (1~12月) のミニバン販売台数を見ると、

1位セレナ、2位シエンタ、3位ヴォクシー・・間があいて・・6位がステップワゴンとなっています。

近年では宿命のライバルであるセレナ、ヴォクシーに少し差をつけられているようです。

確かに最近では、セレナ、ヴォクシーは比較的よく見かけますが、ステップワゴンはちょっと少なめな気はしますね。

スパーダはともかくノーマルモデルにいたってはほとんど見ない気がします。似た顔だちの一回り小さいフリードならそこそこ見ますが・・・。

ステップワゴンの主なラインナップは上記の通り、ハイブリッドモデルとノーマルモデル(ガソリン車)に別れます。

ハイブリッドはノーマルモデルには設定されず、スパーダのみの設定となります。
※スパーダのガソリンモデルはあります。

ホンダ担当者によれば、やはり売れるのはスパーダが中心で、ノーマルモデルの売れ行きはあまり芳しくないようですね。

そのあたりに昨今の苦戦の理由があるのでしょうか?

次のコーナー以降で検証していきます。

□エクステリア・インテリア

ステップワゴンのノーマルモデルは丸型の優しい顔だちですが、スパーダは懐かしのスーパーロボット マジンガーZを彷彿とさせるようなスクエアなマスクです。

スパーダとはスーパーダディーの略なのですが、なかなかいかすネーミングですよね。

走りを捨てきれないお父さん御用達モデルとしてはライバルたちと比べても一番しっくりくるネーミングではないでしょうか?

ちなみにライバル2台はと言うと、

ヴォクシー “煌(きらめき)”
ちょっとイキッた感じですかね。顔も一番こわもてです。家族でワイワイ、ガヤガヤという画は浮かびずらいです。

セレナ “ハイウェイスター”
かっこいいネーミングではありますが、もっと走りに特化したモデルに冠すべき名前ですね。日産では他のミニバンにもこのネーミングは使われています。

さて改めてスパーダですが、やっぱり他と比べてすとんと腑に落ちる感じです。

「走りもあきらめなければ、家族もないがしろにははしない」というメッセージがひしひしと伝わってきて、家族でワイワイ・ガヤガヤのファミリーミニバンに最も相応しいイメージではないでしょうか。

実物を見てもなかなか精悍な頼りがいのあるダディーの風貌です。流行りのオラオラ感もそこまでは感じません。

【後  述】
※スパーダというネーミングはてっきりスーパーダディーの略だとばかり思っていました。

昔CMでやっていたような気がしますし、スーパーダディーを宣伝文句としている販売店もあるようなので、まちがってはいないと思いますが、一応調べてみたたところ・・・

スパーダはイタリア語で「剣・剣士」の意味があり、元々はスパーダの持つシャープでスタイリッシュなイメージからそう名付けられたのだそうです。

スーパーダディーの略というのは後付けだったのかもしれないですね。

G・EX(ノーマルモデル/ガソリン車)
出典:webCG

SPADA HYBRID G・EX
出典:webCG

インテリアはスパーダ専用のクールでスタイリッシュなブラック系でまとめられたデザインとなっています。

デジタルのスピードメーターや先進的なシフトレバーなどなかなか好印象です。

ミニバンの運転席ってバスやトラックと同じで厚みがあって外観同様に迫力がありますよね。

何か高度な機械を操縦するかのような独特の雰囲気があります。

さすがはMサイズのミニバン、2列目・3列目ともに広々とした余裕のスペースを確保しています。収納も充実しており、用途に合わせて多彩なシートアレンジが可能です。

SPADA HYBRID G・EX 運転席

SPADA HYBRID G・EX 2列目シート

SPADA HYBRID G・EX 3列目シート
出典:webCG

そしてステップワゴンと言えば、リアの縦にも横にも開わくわくゲートが有名ですね。

買い物の時にはゲートを縦に開きラゲッジスペースに大量の荷物を積むことができます。

また子供やお年寄りの送迎の際にはわくわくゲートを横に開くことで安全な乗り降りが可能です。

写真の通り、ワンちゃんも自由に出入りできる感じがファミリー層のニーズをかき立てますね。

他車にはないステップワゴンの一番のセールスポイントだと言えます。

    ヨコからサッと開ければ、3列目への乗り降りもスムーズ。

    3列目シートを格納すれば、ベビーカーも畳まずにラクラク収納。

     大きなものを積むときは、タテに開いて。

出典:ホンダ公式サイト

□動力性能・燃費

ステップワゴンのハイブリッドモデルはパワー・トルクともに高いスペックですね。なかなか力強い走りが期待できそうです。

対するガソリンモデルの方はこの大きなボディーに1.5ℓエンジンということで、多人数で使うにはちょっと物足りない気がします。

燃費はハイブリッドが25.0km/Lガソリンの方は17.0km/L

ハイブリッドは言うまでもなくよい数値ですが、ガソリンの方も悪くはないですね。

ヴォクシーには両モデルとも若干ですが勝っています。
ハイブリッド23.8km/L
ガソリン2WD 16.0km/L

セレナe-POWERとの比較では僅差ですが、少し負けています。
ハイブリッド26.2km/L
ガソリン2WD 17.2km/L

セレナはガソリンモデルにもマイルドハイブリッドシステムが搭載され、燃費向上の施策がなされている分、数値は高めとなっています。

次のコーナーでいよいよ試乗です。

Coming up Next !!

スポンサーリンク




ステップワゴンスパーダ試乗レビュー

今回の試乗車はスパーダのトップグレードである HYBRID G・EX BLACK STYLEを用意していただきました。

今回はいつものエリアではなく、都合により別のエリアのディーラーでの試乗でした。

このディーラーではどうやら試乗お客に単独でおまかせ、後から車の説明をするという方式のようです。

※別のディーラーでしたが、以前のCR-Vの時お客が多くてやむを得ず単独試乗でした。

というわけで、いざ試乗スタート!

一般道に出て交通量も少なかったので、少し強めにアクセルを踏むといきなりガツンとGがかかり、シートに背中を押しつけられました。

「えっ?これミニバンだよね?」と思わず独り言。

セレナe-POWERもそこそこ鋭い出足だったと記憶していますが、まちがいなくそれ以上の加速感ですね。あっという間にメーターは70kmオーバーです。

一般道ゆえに、それ以上はスピードを出せませんでしたが、踏めば踏んだだけどんどんいってしまいそうな快足ぶりです。

試乗コースなどは特に決まっておらず、時間指定もなかったので、左折して比較的車の少ない道に出ました。

前に車がいないのを見計らって、もう一度アクセルオン…..再びガツンという衝撃。

「やっぱりスゴイわ」最初は何かの間違いだったのかもと思ったのですが、この加速はホンモノでやみつきになりそうですね。ミニバンらしからぬ出足のよさに2度びっくりです。

これは高速でも試してみたいですね。

さすがに100kmを超えてなおどんどん伸びていくということはないでしょうが、少なくとも加速ミニバンの域を超えています

スパーダハイブリッドには上級車のオデッセイと同じハイブリッドシステムを採用しているようです。

ということは車重が軽い分、スパーダの方が加速の面で有利かもしれないですね。

加速ばかりの感想になりましたが、音も静かで乗り心地もよく快適でした。

その後10分~15分、市街地走行を満喫して無事ディーラーに帰還しました。

CR-Vの時は人で乗らされるのもどうよ?」と感じたのですが、今回は「自由気ままに走れるので、これはこれでありだな」と思いました。

最後に一つ注意点ですが、スパーダハイブリッドで同乗者がいる際はアクセルのさじ加減にくれぐれもお気をつけください。

特に小さな子供やお年寄りはシートベルトをしていても急発進によりカックンとなってしまうこともあり得ますので、急激にアクセルを踏まないようにしてあげてください。

スポンサーリンク



ステップワゴンスパーダ試乗【総評】


総合評価/76点  (100点満点中)

外観 ★★★★
内装 ★★★★
速さ ★★★★
広さ ★★★★★
静かさ ★★★★
乗り心地 ★★★★
燃費 ★★★★
取りまわし
★★★
   コスパ     ★★★
人気度
★★★

ステップワゴンはこんな人に向いている

〇走りと燃費を両立したミニバンに乗りたい方

〇わくわくゲートの利便性が気に入った方

〇いかつい感じではなく、穏やかな顔だちのミニバンを求める方
(ノーマルモデル/ガソリン車)

スパーダハイブリッドは外観や利便性も魅力だが、やはりツボはミニバンらしからぬ加速力だろう。反面多人数乗車が前提のミニバンにはいささか過剰すぎる味付けとも言える。

子供やお年寄りが乗る機会が多いので「そこまでの加速は要らない」と感じる人も少なからずいるだろう。そういう人には迷わずガソリン仕様をおすすめする。

今後ステップワゴンがセールス面で挽回するためにはノーマルモデルにハイブリッドを設定して、できるだけ価格を抑えて販促するなどしてはどうだろうか?

現行型はスパーダハイブリッドが登場してから販売台数も盛り返しているようなので、ノーマルモデルに手を加えることでトータルでさらによくなっていくのではないかと素人ながら思う。

ファミリーミニバン・キング返り咲きを目指して、ステップワゴンにはぜひ、がんばってほしいものだ。

ライバル車… 日産セレナ、トヨタヴォクシー




おわりに

ブリプリオのブログでカーレビュー

今回はホンダのMサイズミニバン、ステップワゴンをご紹介しました。

スパーダハイブリッドは見た目よし、走りよし、燃費もよしと三拍子揃ったとてもよい車だと思いました。

予算が許すなら、このモデルを選択すべきでしょう。走りを捨てたくないお父さんにはまさにうってつけの車です。

またわくわくゲートを中心としたファミリーウケする演出も多彩で家族もきっと喜んでくれることでしょう。

今後も各メーカーのニューモデルや話題の車をバッチリ紹介していきます。

次回もお楽しみに!  ではでは。

Enjoy driving !!

☆★☆Back Number☆★☆

☟記事が「おもしろかった」「ためになった」場合はバナーをクリックいただけると、とてもうれしいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 試乗記へ
にほんブログ村





ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!