車試乗記

RAV4ハイブリッドX・G Zパッケージ連続試乗でベストグレード考察!

[試乗] ブログ村キーワード

ブリプリオのブログでカーレビュー!

今回は新型RAV4のハイブリッドX (2WD)、G Zパッケージ(4WD)に試乗してきました。

RAV4完結編として、以前試乗したガソリンのGも加えて比較を行い、ベストグレードを考察します。

どうぞご覧ください!

車選びのポイント


【外観】
見た目のかっこよさ

【内装】インパネやシートの質感

【速さ】排気量、パワー、加速感

【燃費】燃費性能、エコ度

【広さ】居住性、荷物を積める量

【静かさ】エンジン音、静粛性

【コスパ】価格と装備のバランス

【乗り心地】足回り、フィーリング

【取りまわし】動かしやすさ

 

  

ブリプリオ
ブリプリオ
 上記のポイントをふまえてレポートします。どうぞお気軽に車選びの参考にしてくださいね!

RAV4 スペック・ラインナップ

実績あるRV代表選手がライバルひしめくミドルSUVカテゴリーへ宣戦布告!

車名 RAV4 HYBRID X 2WD
メーカー トヨタ
車種 SUV
排気量 2.5L直4 DOHC 16バルブ
最高出力 エンジン 178ps
モーター(フロント+リア) 174ps
最大トルク エンジン 221Nm
モーター(フロント+リア) 323Nm
サイズ 全長4600×全幅1855×全高1685
燃費 21.4km/L (WLTCモード)
乗車定員 5名
車両本体価格 HYBRID X 2WD  320万2200円




車名 RAV4 G “Z package”
メーカー トヨタ
車種 SUV
排気量 2.0L直4 DOHC 16バルブ
最高出力 171ps
最大トルク 207Nm
サイズ 全長4600×全幅1855×全高1685
燃費 15.2km/L (WLTCモード)
乗車定員 5名
車両本体価格 G “Z package”  334万8000円

新型RAV4のラインナップ ☟

RAV4

ガソリン車

Adventure(4WD)
(313万7400円)

G(4WD)
(320万2200円)

G “Z package”(4WD)
(334万8000円)

ハイブリッド車

HYBRID G(E-Four)
(381万7800円)

HYBRID X(E-Four/2WD)
(345万600円/320万2200円)

※全て税込みの金額です。

スポンサーリンク



RAV4 連続試乗レビュー

今回はディーラーから連絡をいただき、ハイブリッドモデル (HYBRID X 2WD)とガソリンモデル (G Z package)を連続で試乗してきましたので、同時にレビューを行います。

※オフロードデザインのアドベンチャーのエンジン、タイヤサイズはG Z packageと同じです。

①スタート

HYBRID X
RAV4のハイブリッドモデルはカムリクラウンの2.5Lハイブリッドモデルと同じパワーユニットが採用されているということで、そのあたりに注目してのスタートでした。

ファーストタッチは取り立ててクイックではないですが、ある程度踏み込めば、モーターが生み出す力強くなめらかな出足をみせてくれました。

G Z package
対するG Zパッケージ(以下GZ)ですが、以前に乗ったGとはタイヤサイズがちがう(Gは18インチ、GZは19インチ)だけで、パワーは全く同じです。

Gはそこそこ軽やかな印象でしたが、GZはアクセルを踏んだ瞬間にもっさりとした感触があって、出足がややもたつき気味でした。

先に乗ったハイブリッドのパワフルさが影響して、余計にそう感じられたのかもしれないです。

いずれにしても数値通りガソリンとハイブリッドのパワーの差はけっこうありました。

②市街地走行

HYBRID X
市街地へ出て50~60kmぐらいのペースでしばしゆったり走ります。

出足の印象そのままにモーター主体の力強い走りではありますが、背の高いSUVであることやモーターを積んでいることが影響してか、やや重たい印象です。

例えば以前試乗したボルボXC60の車重を全く感じさせない軽快な走りから比べると、明らかに車重を感じます。

このモデルは18インチタイヤを履いているので、乗り心地はけっこうよかったです。

担当者はハイブリッドの力強さをやけにアピールしてきますが、この速度域ではまだ何とも言えず、相槌をうちながらも高速での走りを待ちます。

G Z package
GZですが、出足こそもたつきはしましたが、市街地走行ではまずまずきびきびとした走り見せました。

このモデルは19インチを履いていますが、ハイブリッドに比べて極端に足回りが硬くなるということもなく、むしろ引き締まった感じで乗り味はこちらの方が好みです。

路面が荒れている部分などもトルクベクタリング機構のおかげで、凸凹をうまくいなしてくれる印象です。

先般試乗したハリアー2.0LNAガソリンモデルも合わせて比較してみると、

軽快さでは、ハリアー>G>GZといった具合ですかね。

RAV4は軽快さではハリアー(2WD)に劣りますが、最新の4WD性能が効いていることもあり、安定感では勝っている印象でした。

③高速走行

HYBRID X
お待ちかねの高速タイムです。ここからいよいよ走りの真価が問われますね。ルーティン通りスポーツモードに入れます。

RAV4は前にもお伝えしましたがモード切り換えスイッチがシフトレバー横の押しやすい位置にあるのがポイント高いです。

切り替えスイッチがステアリングについていて、ハンドルから手を離さずに操作できるのが本当は1番いいですけどね。

なかなかそういうクルマにはお目にかかれないですね。

さてハイブリッドを高速で試した第一印象は (うん、うん、やっと本領発揮かな)というものでした。

スポーツモードを選択するとアクセルやステアリングのレスポンスもぐっと高まり、なかなかスポーティーな加速を披露してくれました。

正直「めっちゃ速い!」という高揚感や疾走感にこそ欠けますが、このサイズのSUVとしてはまずまず走りを楽しめるモデルではないでしょうか?

ただし、アクセルを急激に踏み込めば、市街地ではわき役に徹していたエンジンが始動し、エンジン音が少し耳につく感じがしました。

速さを比べる意味ではハリアーの2.0Lターボにはぜひ乗ってみたいですね。

予測ではハリアーの方が軽快さやエンジンの吹け上がりのよさで勝り、より楽しめるのではないかと思います。

G Z package
こちらもスポーツを選択しましたが、ハイブリッドに比べて劇的な変化はないですね。

アクセルを踏んでもハイブリッドほどの鋭さはなく、ごくごく普通の走りと言えます。

ただし、エンジン音はこちらの方が心地よく静かでジェントルな雰囲気です。

また高速でのスタビリティーの面でも4WDであるGZの方が路面に吸いつくような安定した動きであると感じました。

こうして乗ってみるとRAV4ガソリンモデルはアドベンチャーの外観が示す通りの硬派なキャラクターと言えますね。

アウトドアでの走を十分に想定したクルマ作りがその乗り味によく反映されています。

最初はハイブリッドに比べるとややパワー不足かなと感じましたが、少し距離を乗ってみると、普通の速度で走っている分にはコンフォート性能も高くマツダCX-5を思わせる適度なかちっと感(剛性感)もあると感じられました。

そんなわけで、試乗が終わる頃にはガソリンモデルの方もなかなかいいなあと思えてきました。

出典:responce

RAV4総括
項目別ベストグレード

 加速・速さを求める人には

  HYBRID X 

スペック通り、加速や絶対的な速さではハイブリッドが圧倒的に勝る。ただし2WDモデルだったこともあって、特に高速の安定性では4WDのGやGZの方がよかった気がする。

「速いSUV」に固執するなら、同じトヨタのハリアー2.0Lターボも候補に入れて検討すべき。

 走りの質感・乗り心地にこだわる人には

 G・GZ 

ガソリンとハイブリッドのどちらがよりRAV4のキャラクターに合うかと問われれば、個人的にはガソリン(4WD)という答えになる。

新開発の4WDシステムを生かして、荒れた路面やアウトドアなどで本来の力が発揮されるだろう。

エンジンは決してパワフルではないが、ジェントルな吹け上がりで好印象。特に速さにこだわらない限り、過不足ない走りが期待できる。乗り心地も19インチタイヤを履いているわりにはゴツゴツしたところもなく、ほどよい硬さである。

GとGZのちがいはインテリジェントクリアランスソナーなどの安全装備の有無だけなので、そこまでは必要ないという方はGでも十分。 

 燃費を重視する人には

HYBRID X 

燃費性能では数値通り、HYBRID Xに軍配。WLTCモードで21.4km/Lのスペックはなかなか魅力的だ。

ただし、このXの4WDモデルや上級モデルのHYBRID Gを購入するとなると、ガソリンモデルとの価格差を埋めるにはけっこう長く乗らなければ、元が取れないということになる。比較的早いスパンで乗り換える人はガソリンモデルを選ぶ方がいいだろう。

 RAVのキャラに合ったデザインは

  アドベンチャー 

RAV4のキャラクターをCMの通りアウトドア志向と捉えるなら、よりオフローダーの雰囲気を持つデザインのアドベンチャーが合うだろう。

フロントマスクの押し出しも強く、他にはない個性的なエクステリアである。無難なデザインのノーマルモデルが何となく売れそうな感じもするので、人とかぶりたくないという場合は尚更アドベンチャーがいいだろう。

またデザイン重視で考えるなら、最近「美しいSUV」というキャッチコピーでCMが打たれているハリアーも候補に入れるべきだ。

 コスパのよさで選ぶなら

 アドベンチャー

RAV4のキャラクターに合う走りや専用デザインを備えていて、ガソリンのGよりも安いので、コスパはかなりいいのではないか。

ちなみにHYBRID X (2WD)もガソリンのGと同じ価格となるので、コスパは十分高いと言える。

4WDは不要でパワーと燃費を両立したモデルがほしい場合はこのX (2WD)で決まりだろう。

【最後にひとこと】
それぞれのモデルに長所と短所があり、なかなかベストグレードを1つに絞るのは難しかったので、項目別に選んでみた。

購入を検討している人は各自の用途や重視するポイントによって考えていただきたい。

ガソリンとハイブリッドのシェアは大体6対4ぐらいになるのではないかと予測する。

今後続々と納車が進み、街で見かける機会も多くなると思うが、パワーユニットもさることながらノーマルデザインとアドベンチャーのどちらがよく走っているかは個人的に気になるところだ。

出典:価格.comマガジン


☆★ Don’t miss it ★☆
◇RAV4 3部作完結!!

他の2記事も☟ぜひご覧ください!




おわりに

ブリプリオのブログでカーレビュー

今回は新型RAV4ハイブリッドX (2WD)、GZパッケージ(4WD)試乗編をお送りしました。

個性的なデザインや新しい4WD性能、走りと燃費を両立したハイブリッドシステムなど、見どころ満載のSUVでした。

MサイズSUVのカテゴリーにまた1台「強力なモデル現る」といった感じですね。これからの動向に注目していきたいです。

今後も各メーカーのニューモデルや話題の車をバッチリ紹介していきます。

次回もお楽しみに!  ではでは。

Enjoy driving !!

☆★☆Back Number☆★☆

☟記事が「おもしろかった」「ためになった」場合はバナーをクリックいただけると、とてもうれしいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 試乗記へ
にほんブログ村





ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!