車試乗記

新型RAV4見てきた! 4WD中心のグレード構成で日本復活!

[試乗] ブログ村キーワード

ブリプリオのブログでカーレビュー

今回は4月10日に発売されたばかりの新型RAV4を見てきました。

久々の日本復活ということもあり、待ちに待ったファンの方も多いのではないでしょうか?

今回はRAV4の復活に至る経緯や、内外装の印象、ライバル車との価格面の比較などについていち早くお伝えします。

どうぞご覧ください!

車選びのポイント


【外観】
見た目のかっこよさ

【内装】インパネやシートの質感

【速さ】排気量、パワー、加速感

【燃費】燃費性能、エコ度

【広さ】居住性、荷物を積める量

【静かさ】エンジン音、静粛性

【コスパ】価格と装備のバランス

【乗り心地】足回り、フィーリング

【取りまわし】動かしやすさ

 

  

ブリプリオ
ブリプリオ
 上記のポイントをふまえてレポートします。どうぞお気軽に車選びの参考にしてくださいね!

新型RAV4 どんなクルマ? 

実績あるRV代表選手がライバルひしめくミドルSUVカテゴリーへ宣戦布告!

車名 RAV4
メーカー トヨタ
車種 SUV
排気量 2.0L直4 DOHC 16バルブ
最高出力 171ps
最大トルク 207Nm
サイズ 全長4600×全幅1855×全高1685
燃費 15.2km/L (WLTCモード)
乗車定員 5名
車両本体価格 RAV4 G 320万2200円




新型RAV4のラインナップ ☟

RAV4

ガソリン車

Adventure(4WD)
(313万7400円)

G(4WD)
(320万2200円)

G “Z package”(4WD)
(334万8000円)

ハイブリッド車

HYBRID G(E-Four)
(381万7800円)

HYBRID X(E-Four/2WD)
(320万2200円)

※全て税込みの金額です。

RAV4の歴史

RAV4は世界約180の国と地域で販売されるカローラカムリと並ぶトヨタの大黒柱的存在のクロスオーバーSUVです。

初代RAV4(写真参照)は1994年の5月に発売されました。

当時木村拓哉のCMが話題となり、RV車ながら男性だけでなく若い女性層をも取り込み、大変な人気を博しました。

RVという言葉の響きが何とも懐かしいですね。今となってはすっかりSUVという表現に取って代わられました。

ちなみに当時のRAV4はRecreational Active Vehicle 4Wheel Driveを略したものだそうです。

初代RAV4 出典:wikipedia

新登場の5代目は時代の流れに呼応してRobust Accurate Vehicle with 4Wheel Driveの頭文字に変更されました。

英語で「SUVらしい力強さと使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD」の意味が込められているそうです。

今回のRAV4の国内復活は2016年の3代目以来となります。4代目は海外のみの販売となっていました。

RAV4が日本をお留守にしている間に、世界の自動車販売のトレンドそのままに日本でも空前のSUVブームが巻き起こりました。

当ブログでも紹介してきた数々の人気SUVが日本で誕生しました。

こうした流れを受けて、言わばこのカテゴリーの先輩格にあたるRAV4は日本での需要も見込まれ、5代目で復活を果たしたというわけです。

言いかえれば、他メーカーのライバル車(後輩)たちの活躍に復活を余儀なくされたと言えなくもないですね。

そのあたりは同じように昨年復活したホンダCR-Vの経緯とよく似ています。

RAV4もCR-Vも「RV」という文字が入っていますので、今回の復活劇は後輩SUVに対する先輩RV車の反逆というとらえ方もできそうです。

果たしてRAV4は強力ライバルたちが待ち構えるカテゴリーの中に割って入り込むことができるのか?

今後の展開がとても楽しみですね。

スポンサーリンク



新型RAV4 デザイン・動力性能・燃費・4WDシステム

□エクステリア

新型RAV4はグレードに応じて2タイプのデザインに分かれています。

ノーマルモデル(写真参照)は時流に乗ったシティー派タイプ。

八角形を立体的につなぎ合わせたグリルを持つその顔つきは正面から見るとやや不機嫌そうにも見えます。

サイドから見るとレクサスっぽくてかっこいいですね。

ボンネット部分が長くSUVにしてはなかなかスマートな印象です。

リアデザインはきわめてオーソドックスです。パッと見は同じトヨタのハリアーや三菱アウトランダーにも似ている気がします。

RAV4ノーマルモデル
出典:responce

ノーマルモデルのデザインをベースにオフロード志向を強めたモデルがAdventure(アドベンチャー)と名付けられたグレードです。(☟写真参照)

フロントのバンパー部分を変更し独立したセンターグリルを与えることで、ノーマルに比べてよりタフな肉食動物を思わせる強気な顔立ちとなっています。

カーキのボディーにホワイトのルーフがよくマッチしてますね。どちらかと言えばこちらのデザインが好みです。

サイドから見てもブラックのフェンダー部分(タイヤの上部)が強調されており、オフローダーの雰囲気が漂います。リアはノーマルとあまり変わらないですね。

普通に考えるとこちらの凝ったデザインであるアドベンチャーの方が価格が高いように思いますが、実はノーマル仕様のGやG “Z package”よりも安い価格設定となっています。

それもあって、人によって好みはあるでしょうが、ガソリンを選ぶならこっちじゃないでしょうか?

RAV4 Adventure
出典:responce

□インテリア

下の写真はアドベンチャーのインテリアです。

こちらもブラック&シルバーの2トンカラーにオレンジのアクセントが部分的に入っていて、なかなかオシャレなたたずまいです。

すっきりとしたデザインで見るからに操作などもしやすそうですね。

後部座席にも座ってみましたが、天井もけっこう高く座り心地がよかったです。

ラゲッジはこのクラスのSUVとしては標準的な広さと言えます。

 

RAV4 Adventure
出典:responce

□動力性能・燃費・4WDシステム

①動力性能・燃費
新型RAV4のパワートレインは2L直4のガソリンエンジンハイブリッド(2.5L直4エンジン+モーター)の2タイプに分かれます。

ガソリンの最高出力が171ps、最大トルクが207Nm

燃費は15.2km/L (WLTCモード)

パワーの数値だけを見ると普通かやや非力な印象を受けますが、実際はどうでしょうか?

燃費はSUVのガソリン車としてはやけにいいですね。WLTCモードなので、実燃費に近い数値だと思われます。

一方ハイブリッドの最高出力が
エンジン178ps+モーター(フロント/120ps リア/54ps)となります。

最大トルクは
エンジンが221Nm+モーター(フロント/202Nm リア/121Nm)となります

燃費は20.6km/L (WLTCモード)

これを見る限り、パワー面ではハイブリッドが有利であると推測できます。

ハイブリッドの燃費は悪くはないですが、ガソリン車の数値を考えると逆もう少し伸びてもよいのでは?という気もします。

②3種類の4WDシステム
新型RAV4は2種類のパワートレインに対して3種類の4WDシステムというぜいたくな設定がなされています。

その名の通り4WD性能にかなりこだわったモデルであることがよくわかります。

以下モデル別の内容です。

ガソリン車
コンベンショナルな前後駆動配分50:50の「ダイナミックコントロール4WD」が採用されています。

アドベンチャー(他一部グレード)
上記「ダイナミックコントロール4WD」に加えて、後輪に独立した2つの電子制御カップリングを搭載し、左右間の駆動配分を0:100〜100:0の間でリニアに可変させる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が採用されています。

ハイブリッド車
後軸モーターの最大トルクを従来よりも強めた専用チューニングの「E-Four」が採用されています。

RAV4 4WDシステム

出典:webCG

スポンサーリンク



新型RAV4ライバルとの比較

今回の比較は価格面だけにフォーカスします。デザインや動力性能などその他の要素はまたの機会とします。

VS スバル フォレスター
シティー派SUVが主流の現在、フォレスターは比較的オフローダーの性格が色濃いモデルだと言えます。

よってRAV4とはガチンコ対決となりそうですね。

RAV4   フォレスター
※ハイブリッド車 (HYBRID GとAdvance)で比較
71万8200円】

RAV4が381万7800円に対し、フォレスターが309万9600円。

トップグレード同士の比較でRAV4が70万近く高いという結果になりました。

細かい装備内容などを精査した上で判断する必要はありますが、フォレスターのコスパがいいのは間違いないでしょう。

VS ホンダ CR-V
生粋のRV対決です。CR-Vも昨年国内復帰したばかりなので、RAV4の最も近いライバルと言えるかもしれないですね。

似たような境遇にありますが、ライバルたちの中に入ってしまえば当然、敵同士として今後しのぎを削ることになるでしょう。

RAV4  CR-V
※ハイブリッド車 (HYBRID GとEX・Masterpieceで比較)
54万3240円】

RAV4が381万7800円に対しCR-Vが436万1040円。

トップグレード同士の比較で今度はRAV4が約55万安いという結果になりました。

CR-V高し! 400万超えで立派な高級車の価格ですね。ますますフォレスターが良心的に思えてきました。

VS トヨタ ハリアー
最後に同じトヨタのSUVになりますが、ハリアーと比べます。

ハリアーがシティープレミアム派、RAV4がオフローダー派という棲み分けになるでしょうか?

この2台は今後トヨタのSUVラインナップに名を連ねますが、販売店も異なりますので、ライバルといって差し支えないでしょう。

RAV4   ハリアー
※ハイブリッド車 (HYBRID GとPROGRESS)で比較
78万6240円】

RAV4が381万7800円に対しハリアーが460万4040円でRAV4が約80万安いという結果になりました。

ハリアーにはこの下にハイブリッド車の売れ筋であろうPREMIUMというグレードがあり、そちらは407万4840円で、RAV4のHYBRID Gとの差は約25万円に縮まります。

この結果から見て、RAV4の価格帯はハリアーよりは安いとはいえ、そこまで大きくは変わらない位置付けにあるようです。

RAV4の昔のイメージで考えるとプレミアムSUVのハリアーよりは1ランクか2ランク下のように思えますが、5代目は車格もしっかりアップしての登場と言えそうです。

全てトップグレード同士の比較となったので、ガソリン車を含めたモデル全体の比較では多少異なる結果が出るかもしれません。

いずれにせよRAV4はライバル達と比べても決して安くはないお値段のクルマであることがわかりました。




おわりに

ブリプリオのブログでカーレビュー

今回は新型RAV4をご紹介しました。

発売して間もないということもあり、残念ながら試乗はまだできませんでした。

1週間後の試乗会の予約を取りましたので、乗ることができましたら、その実力の程をたっぷりお伝えしたいと思います。

今後も各メーカーのニューモデルや話題の車をバッチリ紹介していきます。

次回もお楽しみに!  ではでは。

Enjoy driving !!

☆★☆Back Number☆★☆

☟記事が「おもしろかった」「ためになった」場合はバナーをクリックいただけると、とてもうれしいです。

にほんブログ村 車ブログ 車 試乗記へ
にほんブログ村





ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!