英語 勉強法

中学英語の勉強法【名詞の複数形】

どうも。ブリプリオです。

英語って、1度わからなくなると、なかなか取り返すのがむずかしい教科ですよね。

中学に入って、最初は授業が楽しかったけど、あれよあれよと言う間にむずかしくなって、気がついたら、もうお手上げになっていた。なんてことはありませんか?

苦手だから、伸びるわけないとあきらめてはいませんか?

「そんな人も大丈夫!」

この講座では、中学生のための英語の勉強法を教科書(NEW HORIZON)の内容に沿って、解説します。

この講座の特徴は以下の通りです。

講座の特徴

文の要素や品詞を意識した指導

◆よくあるミスに的を絞った解説

◆各単元のつながりを意識した構成

中1生の方へ

最初は聞き慣れない言葉も出てきて、少しむずかしく感じるかもしれませんが、勉強していくうちに徐々に慣れてくると思います。学校の授業とこの講座をうまくミックスして、学習することをオススメします。

中2・中3生の方へ

英語で行き詰まっている人は、今までの勉強法を一度リセットして、この講座の最初 (中1内容)から、もう一度学習を始めてみてください。勉強していくうちに「何だ、そういうことだったのか。」「こういう風に勉強すればよかったんだ。」という気づきがきっと起こるはずです。

それでは本日もLet’s study !

参照 : 中1教科書P46~51【Unit4】

名詞の複数形 ポイント①

複数形の不規則変化を覚えよう !

    I   want a CD. 

     主語  動詞   目的語 (単数)

 You  want  two  boxes.  

     主語  動詞   目的語(複数)

 ③ Do  you  have  three  cherries?   

     主語  動詞  目的語(複数)

①単数の名詞にはa(an)をつける。  ※母音で始まる語にはanをつける

②複数形は名詞にs(es)をつける。

※名詞の語尾がo,s,x,ch,shの時はesをつける。

子音字+yで終わっている名詞には yをiに変えてesをつける。         

例) cherry→cherries   city→cities

※母音:a i u e o   子音:それ以外のアルファベット

  I  want a orange.

Two boies play tennis.

 I  want an orange.

Two boys play tennis.

母音で始まる名詞にはanをつけること。

※boyは母音+yで終わっているので、そのままsをつけること。

a(an)のことを冠詞と言います。日本語では「1人(つ)の」という意味ですが、実際の文で訳すことはありません。

数えられる名詞でだれのものかわからない場合は、a(an)を必ずつけなければなりません。日本語にはないルールなので、付け忘れがとても多いです。要注意 !!

ウニレット
ウニレット
 いろいろルールがあって忘れそう…..。
ブリプリオ
ブリプリオ
 意識すれば大丈夫 ! 日本語にないルールはみんな苦手だから、覚えたもの勝ちだね。

名詞の複数形 ポイント②

someとanyのルールに注意する!

A:  I  have some cats.    

Aの否定文:   don’t have any cats. 

Aの疑問文:   Do you have any cats

A:  私は数匹のねこを飼っています。    

Aの否定文:  私はねこを一匹も飼っていません

Aの疑問文:  あなたは(数匹の)ねこを飼っていますか?

肯定文で使うsomeは否定文や疑問文ではanyに変わります。特に否定文で使う「not~any…」の形は強い否定(一つも(全く)~でない」という意味でよく出てくるので、チェックしておきたいです。

★教科書重要表現〔Unit4〕 

How many+複数名詞~ 「数をたずねる表現」

   A:  How many books do you have? 

   B:   I have ten (books). 

   A:  あなたは何冊の本を持っていますか。

B:  10冊持っています。

 × How many do you have books

※並び替えなどではついつい上のようにbooksを最後に書いてしまうというミスをしがちなので、How many+複数名詞の形をしっかり押さえておこう !

ブリプリオ
ブリプリオ
この例文は中1内容でありながら、入試などにもよく出題されるので、よく覚えときや !
ウニレット
ウニレット
 ガッテンだい !




おわりに

ブリプリオの中学英語の勉強法講座、今回は名詞の複数形を勉強しました。

細かい内容ではありますが、a(an)や s(es) など、日本語にはないルールなので、非常に定着しずらい部分です。とにかく名詞はハダカ(前に何もつけない)ではだめなんだということを肝に命じ、日頃から意識して問題を解いていきましょう !

今後も「シンプルでわかりやすく」をテーマにオリジナルの文法解説や学校では教えてくれない「とっておきのネタ」などを記事にしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

では今回はこのへんで。

See you next time !

ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!