英語 勉強法

中学英語の勉強法【疑問詞 who・what+名詞】

どうも。ブリプリオです。

英語って、1度わからなくなると、なかなか取り返すのがむずかしい教科ですよね。

中学に入って、最初は授業が楽しかったけど、あれよあれよと言う間にむずかしくなって、気がついたら、もうお手上げになっていた。なんてことはありませんか?

苦手だから、伸びるわけないとあきらめてはいませんか?

「そんな人も大丈夫!」

この講座では、中学生のための英語の勉強法を教科書(NEW HORIZON)の内容に沿って、解説します。

この講座の特徴は以下の通りです。

講座の特徴

文の要素や品詞を意識した指導

◆よくあるミスに的を絞った解説

◆各単元のつながりを意識した構成

中1生の方へ

最初は聞き慣れない言葉も出てきて、少しむずかしく感じるかもしれませんが、勉強していくうちに徐々に慣れてくると思います。学校の授業とこの講座をうまくミックスして、学習することをオススメします。

中2・中3生の方へ

英語で行き詰まっている人は、今までの勉強法を一度リセットして、この講座の最初 (中1内容)から、もう一度学習を始めてみてください。勉強していくうちに「何だ、そういうことだったのか。」「こういう風に勉強すればよかったんだ。」という気づきがきっと起こるはずです。

それでは本日もLet’s study !

参照 : 中1教科書P76~81【Unit7】

疑問詞 whoを使った文

公式【疑問詞+疑問文の語順】をマスターしよう !

①疑問詞+疑問文の語順 (be動詞の場合)

A: Who   is   this girl? 

B: She  is  my daughter.     

C: Who   is   that boy

D: He  is  Ken, my friend.

A:  この少女は誰ですか。

B:  彼女は私の娘です。

C:  あの少年は誰ですか。

D:  彼は私の友達のケンです。

whoは「誰?」という意味の疑問詞です。

whatやhowは文頭に来て、後ろは疑問文の語順となります。

①be動詞の文では、他の疑問詞の文と同様に

疑問詞+be動詞+主語の語順です。

答え方は主語+動詞の文で答えること!

②Who+一般動詞の文

A: Who  plays  tennis? ※肯定文の語順

B: Naomi  does.  ※このdoesはplaysの代わりに使う動詞

A:  誰がテニスをしますか。

B:  なおみが (テニスを)します。

②のWhoと一般動詞を使う文では

Whoが主語となり、肯定文の語順となる。

※疑問文用のdo(does)は使わない !

※動詞は3人称単数扱いでsがつく !

答えの文は主語+does の形となる。

※このdoesはplaysの代わりに使うので代動詞と呼ばれる。

ブリプリオ
ブリプリオ
疑問文用のdo(does)を青do(does)

一般動詞のdo(does)を赤do(does)と呼んで区別しよう !

ウニレット
ウニレット
 OK! ピンとこない人は☟の記事を参照してね。 

what (which)+名詞~の文

what (which) の直後に名詞を置く文の形を押さえる !

A: What  language  do they speak?

B: They  speak  English.

C: Which  season  do you like?

D: I  like  autumn.

A:  彼らは何語を話しますか。

B:  彼らは英語を話します。

C:  あなたはどの季節が好きですか。

D:  私は秋が好きです。

What  do  you  like  sport  

※Do  you  like  sport? はOK。

What  sport  do you like? 

★教科書重要表現〔Unit7〕 

【時刻をたずねる】What time ~?

A: What time  is  it now?

B:  It  is  five in the afternoon.

C: What time  do you get up?

D: I  get  up at six thirty.

A:  今何時ですか?

B:  午後5時です。

C: あなは何時に起きますか?

D: 6時30分に起きます。

ブリプリオ
ブリプリオ
 Aの覚え方で昔「ほったいもいじったな」ってのあったなあ。
ウニレット
ウニレット
 「・・・・・汗」
ブリプリオ
ブリプリオ
 あと、こういう歌あったなあ。「♪今何時?」
ウニレット
ウニレット
 「・・・・・汗汗」
ブリプリオ
ブリプリオ
 「♪そうねだいだいね~え~えー」でしょう!

【年齢をたずねる】 How old ~?

A: How old  are  you

B:  I’m  thirteen (years old).

A:  あなたは何歳ですか?

B:  私は13歳です。

自分の年齢の数字はよく問われるので、書けるように!

例) 14歳 fourteen   15歳 fifteen




おわりに

ブリプリオの中学英語の勉強法講座、今回は疑問詞who・what+名詞などの文を勉強しました。

what+名詞のような疑問詞の直後に名詞を入れる文は正解率が低いです。代表的な例文でしっかり覚えたいですね。

who+一般動詞の文はこれまでのところ教科書には出てきていませんが、入試問題などではたまに出題されますので、頭に入れておきましょう。答える時、代動詞のdoesを使うのがミソです。

今後も「シンプルでわかりやすく」をテーマにオリジナルの文法解説や学校では教えてくれない「とっておきのネタ」などを記事にしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

では今回はこのへんで。

See you next time !

ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!