英語 勉強法

中学英語の勉強法【疑問詞 where・whose・代名詞】

どうも。ブリプリオです。

英語って、1度わからなくなると、なかなか取り返すのがむずかしい教科ですよね。

中学に入って、最初は授業が楽しかったけど、あれよあれよと言う間にむずかしくなって、気がついたら、もうお手上げになっていた。なんてことはありませんか?

苦手だから、伸びるわけないとあきらめてはいませんか?

「そんな人も大丈夫!」

この講座では、中学生のための英語の勉強法を教科書(NEW HORIZON)の内容に沿って、解説します。

この講座の特徴は以下の通りです。

講座の特徴

文の要素や品詞を意識した指導

◆よくあるミスに的を絞った解説

◆各単元のつながりを意識した構成

中1生の方へ

最初は聞き慣れない言葉も出てきて、少しむずかしく感じるかもしれませんが、勉強していくうちに徐々に慣れてくると思います。学校の授業とこの講座をうまくミックスして、学習することをオススメします。

中2・中3生の方へ

英語で行き詰まっている人は、今までの勉強法を一度リセットして、この講座の最初 (中1内容)から、もう一度学習を始めてみてください。勉強していくうちに「何だ、そういうことだったのか。」「こういう風に勉強すればよかったんだ。」という気づきがきっと起こるはずです。

それでは本日もLet’s study !

参照 : 中1教科書P84~89【Unit8】

疑問詞 where・whoseを使った文

公式【疑問詞+疑問文の語順】をマスターしよう !

□Where~

①疑問詞+疑問文の語順 (be動詞の場合)

A: Where  is  my  dictionary? 

B: It’s (It is)  under the desk.     

A:  私の辞書はどこにありますか。

B:  (それは) 机の下にあります。

②疑問詞+疑問文の語順 (一般動詞の場合)

C: Where  does  your  uncle  live

D: He  lives  in Kyoto.

C: あなたのおじさんはどこに住んでいますか。

D: 彼は京都に住んでいます。

□Whese+名詞~

E: Whose book is  that

F: It’s (It is)  mine.

E:  あれはだれの本ですか。

F:  (それは) 私のものです。

whereは「どこ?」という意味の疑問詞です。

これまでの疑問詞と同じく

①be動詞の文では

疑問詞+be動詞+主語の語順

②一般動詞の文では

疑問詞+do(does)+主語+動詞の語順

を押さえよう。

答え方は主語+動詞の文で答えること!

be動詞+前置詞 (on,underなど)+場所

「~があります」の意味となる。

 

whoseは「だれの~?」という意味の疑問詞です。《whose+名詞》の文が一般的ですがEの文を

Whose is  that bookと書きかえることもできます。

日本語の意味は「あの本はだれのものですか。」となります。

C: Where do your uncle live

  ※do → does

D: He  live  in Kyoto.

    ※live → lives

ウニレット
ウニレット
 わかっちゃいるけど、sをつけるの忘れちゃうんだよね。 
ブリプリオ
ブリプリオ
わかっていても書けないはわかってなくて書けないのと同じ! 結果が全て! さあ☟の記事見てすぐに復習開始!!! 

代名詞の用法

代名詞の変化とそれぞれの格の用法を確実に覚える !

【主 格】 I  like  a cat.

【所有格】 My name is Tom Brown.

【目的格】 Do you remember  me

所有代名詞This racket  is mine.

 

【主 格】 私はねこが好きです。

【所有格】 私の名前はトムブラウンです。

【目的格】 あなたは私を覚えていますか。

所有代名詞】 このラケットは私のものです。

★目的格の働きは要注意

①一般動詞の直後

know  him私は彼を知っている。

②前置詞の直後

Listen  to  me私の言うことを聞きなさい。

★特に覚えにくい(間違いやすい)語

we  our  us  ours

they  their  them  theirs

theirthereを間違えないこと!!

ブリプリオ
ブリプリオ
代名詞の変化はとにかく声に出して覚えることが基本。言えるようになったら、次は書く練習をしよう! (中1教科書P92を参照)
ウニレット
ウニレット
 らじゃあー!  




おわりに

ブリプリオの中学英語の勉強法講座、今回は疑問詞where・whoseと代名詞の用法を勉強しました。

代名詞は時制と並んで、英語の大事な大事な基礎です。変化と共に使い方も例文でしっかり覚えましょう。せっかく変化を覚えても、使えなければ意味がありません。それから余裕があれば【主格】【所有格】・・などの名称も覚えておくと、あとあと有利です。

今後も「シンプルでわかりやすく」をテーマにオリジナルの文法解説や学校では教えてくれない「とっておきのネタ」などを記事にしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

では今回はこのへんで。

See you next time !

ABOUT ME
ブリプリオ
ブリプリオ
「これまで」と「これから」の生きた証を何らかの形で残したいと思い、このたびブロガーデビューしました。 まだ始めて間もないですが、少しでも皆様の「お役に立てる」また「共感できる」記事を書くために、日々奮闘努力中です。どうぞお見知り置きを!